デリケートゾーンの分泌物の多い原因


 

たまに、下着がとても冷たくなるくらいにオリモノが多く出るときがあります。
特に20代になってから、変化があったのでとても心配になる時がありました。
皆さんも、オリモノの量が多いことちょっと気になりませんか?
どのようなときが多いのか、また多いと何かを疑うべきかどうかを調べてみましょう。
体の心の成長において
オリモノの量については女性ホルモンのひとつである
卵胞ホルモン(エストロジェン)の分泌に比例します。
初経を迎えたころから女性の膣からはオリモノの分泌量も増えてきます。
だんだんと女性らしくなる体の成長と年齢を見ても、月経時には
卵胞ホルモンの分泌が多くなるので、おりものの量が増えるのは正常です
成長における量の多さであれば気にしすぎなくて良いでしょう。
子宮腟部びらんの可能性
年中通してオリモノの量が多かったり、臭いがなくて多い場合には
子宮腟部びらんの可能性が考えられます。
子宮腟部びらんとは病気ではないのでそんなに不安になることはありません。
びらんは刺激に対する抵抗力が弱く、タンポンの使用や性交時の接触による刺激で
出血しやすいのも特徴のひとつです。
オリモノの量が多い原因として最も知っておきたいのは
性病にかかっていないかどうかです。
それは、オリモノ自体の色や量、臭いでわかるのですが
通常の場合には、透明もしくは乳白色で臭いはヨーグルトのような臭いがほんのり
感じる程度です。
これ以外に違う臭い色、量が多いなどの症状があれば、オリモノの異常のサインと考えても
よいでしょう。
例:■カンジダ膣炎
カンジダアルビカンスという真菌(カビ)が膣内で繁殖して炎症がおきる
オリモノで症状がわかるといわれているが
悪化すると、オリモノが乾いてチーズのようなボロボロの状態になる
外陰部や膣の入り口あたりがかゆくなり、腫れてただれてしまう
しかし女性の多くはこの病気にかかりやすく、私も以前検査をうけた。
未然にトラブルは避けたい!

サブコンテンツ

このページの先頭へ